ガイドブックにも乗っていないマル秘スポット!奄美大島のロビンソンファームで食・体験・癒しを味わおう!

「ガイドブックにも乗っていないマル秘スポット!奄美大島のロビンソンファームで食・体験・癒しを味わおう!」のアイキャッチ画像

瀬戸内町の玄関口から山奥へ入った場所にある節子(せっこ)集落。
こののどかな集落に、廃校を再活用した体験型施設ロビンソンファームが存在します。
現在はガイドブックにもほとんど載っていませんが、ここを知らないなんてもったいない!
食・体験・癒しの時間がたっぷり味わえるロビンソンファームの魅力をご紹介します。

ロビンソンファームって?

廃校を活用した地域の場

現在ロビンソンファームが建っている場所は、元々は節子小・中学校として存在していました。
ここで、お父さんが始めた農園を引き継いだのが、その娘さんである現オーナー。
農園を維持するためにご家族で奄美大島に移住し、集落のなかに溶け込みながら地域活性プロジェクトに取り組んでいます。

HPはこちら

土日限定でカフェがスタート

この夏より、土日限定でカフェがオープンしました。
島の柑橘類のひとつ、たんかんが贅沢に入った、さっぱりなのに深い味わいのグリーンカレーは絶品!
ご自身で丁寧にフリーズドライしたたんかんなので、季節にこだわることなく味わえます。
さらに、敷地内で採れたレモングラスがさわやかな香りをプラスしてくれるほか、時期があえばピーマンなどの野菜も畑から摘んでくれるので採れたてが味わえます。

また、オーナーさん自慢のパッションクリームソースがアクセントの鶏肉のトマトソース煮込みも、味が染みてとてもまろやか。
トマト煮込みとジュース類はキッズサイズもおいてあります。
横に添えられる黒小豆ご飯に入った黒小豆も、敷地内の畑で採れたもの。
さっぱりめのお赤飯のような味わいで、もちもち感がたまりません。
黒小豆は夏場に収穫を行うので、地域の子どもたちが収穫体験をしてにぎわいます。

動植物に触れあえる

ファーム内で飼育しているのは、つぶらな瞳がチャーミングなヤギやたくさんの鶏、烏骨鶏、カモたちです。
飼育スペース内は、動物たちの柵の手前までは近寄ることができます。
集落の人もヤギの好きな葉っぱ付きの枝を持ち寄ってくれることがあり、美味しそうにポリポリと音を立てて枝をちぎる姿がたまりません。
なお、ここで生み落とされたたまごは朝市などで販売されることもあります。
鶏のエサには添加物などが混ざっていないので、安心していただけます。

ロビンソンファームのおすすめや魅力

妥協しない素材選び

ロビンソンファームの女性オーナーさんは、美味しいものを生み出すための研究や素材選びには手を抜きません。
力仕事も必要な施設のメンテナンスから野菜の栽培まで、試行錯誤の日々。
つまらないものは出したくないと、美味しさのために努力を続けます。
また材料は地産地消にこだわり、野菜や島とうがらしはできるだけ裏の畑から、ガーリックトーストに使うにんにくは節子集落のものを使用しています。
ドリンクに使うのは、加計呂麻島のきび酢や知り合いの農家さんの無農薬パッションフルーツ。
たんかんと同じく丁寧にフリーズドライしたパッションフルーツも、無農薬なのでなんと皮まで食べられます。
特に実と種の部分は凝縮されて味が濃く、余すところなく楽しめます。

集落の人と子育てママたちが支える場所

広い敷地内は、手を加えてもたくさんの手直しが必要です。
それを、地域の人が持っている道具や経験で手伝ってくれています。
肥料に使う牛糞をt(トン)単位で分けてくれたり、台風でパパイヤの木が倒れたらトラックに乗せて持ち運び、廃材を処分するときはみんなでかき集めます。
なお、動物のお世話やカフェを切り盛りするのは、オーナーさんと数名の子育てママさんたち。
子連れで働ける環境づくりにも力を注ぎ、キッズスペースを設けているほか、メニュー開発にもママさんたちの意見が取り入れられています。
外にはもちろん広大な校庭があるのでパワーのあり余った子どもたちは思う存分楽しめ、親御さんにとっても周りへの気遣いがぐんと減るストレスフリーな環境が嬉しいところです。

石窯ピザ作りや藍染も体験可能

校庭には石窯もあり、人数がある程度揃えばピザづくりの体験も可能です。
生地をこねて好きな材料をトッピングしたら、あとは石窯の中へ!
カリッとした生地が贅沢な逸品です。
また団体のお客様は、島のお母さんたちお手製の島料理や、唄者による三味線と島唄をお願いすることも可能です。
お母さんたちから料理の説明を聞いたあとは、島唄に合わせて手拍子や踊りを楽しめます。

さらに、伝統工芸士さんの指導による染物の体験も可能。
藍染やウコン染ができ、持ち込みのシャツやバッグ、タオルなどを染めることができます。
シンプルな布生地や汚れてしまった衣類などが、全くの別物に変身します。

なお、校庭に波の音が聞こえるほど海が近いので、昼間のうちに海で泳ぐことも可能。
校庭にはシャワーとトイレも完備しているので、安心して海遊びを楽しめます。
それぞれの体験は事前の問い合わせと確認が必要となりますが、1日中楽しく過ごせる施設です。

奄美空港からロビンソンファームまでの行き方

レンタカー必須

奄美空港を出て左折し県道82号線に乗り15分ほど走り回ると、赤木名交差点の三叉路に着き当たります。
そこを左折して国道58に乗って名瀬市街地を通り抜け、瀬戸内町を目指します。
名瀬市街地から瀬戸内町に入るには、網野子トンネルという長い長いトンネルを通ります。
全長4,243mのこのトンネル、実は鹿児島県内の国道と県道にあるトンネルで2番目の長さというので驚きです。
このトンネルを抜けた先にあるのがその名のとおり網野子集落ですが、その手前に「節子(せっこ)」と書かれた標識が目に入ります。

前方に看板はなく左手に小さく建っている小さな標識なので、見落とさないように注意しましょう。
その看板どおり左手に進み、アップダウンのある山道を抜けていきます。
天気の良い日に、道沿いから見おろす深い海の色はまた一段と綺麗です。

途中、1本だけにょきっと突き出た松の木もあるので、余裕があれば探してみてくださいね。

山道を抜け、集落内のうねうね道を通ると、突き当りに節子小中学校が現れます。
現在は廃校になっているその学校が、現在のロビンソンファームです。

ロビンソンファームの周辺おすすめスポット

嘉徳集落

節子の隣に、嘉徳(かとく)という集落があります。
瀬戸内町の海は内海が多く、奄美大島北部に比べてサーフィンのスポットが少ないのですが、ここ嘉徳海岸はサーファーに人気の貴重な場所。
海底が岩場ではなく砂浜になっている「ビーチブレイク」といわれるサーフスポットなので、初心者にも利用しやすい場所となっています。

またビーチの近くには、奄美大島出身の歌手、元ちとせさんの母校でもある嘉徳小学校が立っています。
ここも2005年に廃校となってしまいましたが、現在は美術館に形を変えて、ひっそりと佇んでいます。

館内には受付などはなく、開放してある時は出入りが自由となっています。
日本各地で活動している芸術家の作品が展示されており、メッセージ性の強い絵画や写真についつい引き込まれてしまいます。

チルチルカフェ

網野子集落から古仁屋市街地へ進み勝浦(かちうら)集落を通り過ぎると、次は阿木名(あぎな)集落です。
阿木名小学校を右手に通り過ぎて少ししたら、国道58号線から海沿いに左折できる道が現れます。
そこを10分ほど走ると、チルチルカフェに到着です。
茶色い看板に白い文字を目印にしてくださいね。

ここでは、野菜やたまごは敷地内で多く収穫し、ワンプレートで提供される島のめぐみランチをいただくことができます。
歯ごたえがしっかりとしたもずくの天ぷらや、敷地で採れる青パパイヤのサラダなど、身体に優しいメニューがぎっしりと並びます。
パンかご飯を選べるのも魅力のひとつです。

営業は木~日曜日の間だけですが、島人にも人気で、平日でも子連れのお客さんでにぎわいます。
なお、農作物の収穫や川遊びなど、ガイド経験の豊富なご主人のもと、島の自然のなかで遊ぶ体験も行っています。

トトロのバス停

節子集落から国道58号線まで降りて左折し、そのまま最南端の古仁屋市街地を目指します。
58号線を車で20分くらい走ると、右手に鹿児島銀行、左手に郵便局のある交差点にたどり着きます。
そこを鹿児島銀行側に左折し、さらに5分ほど走ると、図書館、警察署、消防署を記す大きな標識がみえてきます。
そのとおり右折すると、図書館の裏手に消防署がみえてきます。
消防署前を山側に進むと、突如トトロのバス停が姿を現します。
まっくろくろすけや時刻表もある本格的なバス停は、消防署員有志が廃材を作って手作りしたもの。
時刻表はあれど実際にバスは停まりませんが、ジブリ好きでなくとも誰もが童心に返れる人気の隠れスポットです。

まとめ

ロビンソンファーム、いかがでしたか?廃校になってもなお、地域の人に支えられながら形を変えて根付いています。
これまで静かだった場所に再び子どもたちの声が響き、島の伝統を伝える場所として観光客も訪れる。
これからさらなる事業展開を考案中のロビンソンファームが、どのような形で盛り上がっていくのかが楽しみな場所です。

ロビンソンファーム概要

【住所】
鹿児島県大島郡瀬戸内町節子1319
節子小中学校跡地 ロビンソンファーム
(株)奄美有機農業研究所
【TEL】
0997-78-0400
【メール】
robinson.ikka@gmail.com
【HP】
https://www.robinson-ikka.com/