奄美大島に行くなら民泊もおすすめ!バックパッカーにも人気の民泊8選をご紹介!

「奄美大島に行くなら民泊もおすすめ!バックパッカーにも人気の民泊8選をご紹介!」のアイキャッチ画像

最近国内の旅行先として人気が高まっている奄美大島。
ファミリー・友人・恋人・一人どんなスタイルでも楽しめる奄美大島旅行は自然がとても多く一度行くとまたいきたくなる人も多いです。
そんな奄美大島に行くのであればぜひ民泊に泊まることをお勧めします。
今回はなぜ奄美大島で民泊に泊まることをお勧めするのか?の理由と奄美大島で人気の民泊をご紹介します。
ぜひ奄美大島に行く予定がある方やいきたいと思っている方はぜ参考にして見てくださいね!

民泊って何?ホテルなどとの違い

ホテルや旅館などの宿泊施設ではなく、一般方の住宅やマンションに有料で旅行者を宿泊させることを民泊と言います。
民泊の形では色々あり、自宅の空き部屋を貸し出すというものから民泊専用の不動産を購入して旅行客に貸し出すものまで様々な形の民泊があり、最近は国内だけでなく海外からの日本に来た方にもとても人気の宿泊施設となっています。

なぜ民泊がオススメなのか?

なぜ奄美大島での宿泊先として民泊がお勧めなのでしょうか?

宿泊料金が安い

普通のホテルや旅館に比べて宿泊費が安い民泊がとても多いです。
旅行先で宿泊費を抑えて他の場面でお金を使って楽しみたいという人にはとても合っているでしょう。
旅費を少しでも抑えたい人にはお勧めです。

家のようにくつろげる

民泊で宿泊場所として利用されているのは大体が一般的な家庭です。
ホテルなどとは違い家庭の温もりも感じられホッと落ち着けるのが民泊のいいところでもあります。
くつろぎながらゆったりと旅行を満喫したいという人には民泊はとてもお勧めです!

現地の生活を体験できる

現地のお家に宿泊するのでその土地ならではのインテリアに囲まれた部屋で過ごせたり、現地の人が利用する近くのお店でご飯を食べたりとその土地に住む人の生活を感じながら過ごせるのも民泊の魅力の1つでしょう。

自身の旅行スタイルにあった宿泊先を探すことができる

旅行に行くと行っても「子供も含めた家族と行くのか?」「カップルで行くのか?」「一人で行くのか?」や「ゆっくりくつろぎたいのか?」「奄美大島の生活を見て観たいのか?」などその人その人によって旅行で求めるものなどは異なってきます。
民泊と一言で言ってもたくさんのスタイルがあるので「家族もくつろげる大きな部屋がある民泊」や「一人だから極力安く泊まれる民泊」など自分のスタイルに合わせて民泊先を選ぶことができるのでより理想の旅行を実現することができるでしょう。

奄美大島でオススメの民泊8選

ここからは奄美大島でオススメの民泊先をご紹介します。
あなたの奄美島旅の宿泊先にぴったりな民泊先がみつかるかも!
ぜひこれから宿泊先を探そうとしている方は参考にして観てください。

オススメ民泊①うふた


出典:hotel.travel.rakuten.co.jp

奄美空港と名瀬港の中間になる龍鄕町にあるうふた。
アクセスも良く、ビラビーチまで徒歩3分という好立地の民泊は家族連れやサーファーの方々にもとても人気です。
全3室という小さな民泊ならではのプライベートな空間の中でゆったりと過ごすことができ、1つ1つの部屋がとても広いので家族でゆっくりしたい方などには特に人気の民泊になります。

住所
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1332-1

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊②いもーれ奄美民泊村


出典:hotel.travel.rakuten.co.jp
緑豊かな山並みだけでなく綺麗な海も満喫できる絶景のロケーションを満喫できるいも〜れ奄美民泊村。
忙しい毎日から離れてゆっくりと癒される時間を満喫することができるでしょう。
夕食はBBQをすることもでき、自然を思いっきり楽しみながら新鮮な奄美大島の食材を使い家族や友人たちと楽しい食事をすることも可能です。

住所
鹿児島県奄美市名瀬有良13

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊③奄美民泊 お宿ねぷす


出典:hotel.travel.rakuten.co.jp
奄美の南端にあるお宿ねぷす。
加計呂麻島へ行く方などにとってはいきやすい立地にある民泊になります。
海が目の前にあるのでいつでも綺麗な海を満喫することができます。
素泊まりのほか2食付きのプランもあり、食事は島の郷土料理を堪能することができますよ!
宿泊と同時に島の家庭の味を堪能して観たいという人はとてもオススメの民泊先です。

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町嘉鉄352

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊④パンの木・しょうてん庵


出典:static.stayjapan.com
奄美市が行う”五感で感じる自然遺産体験事業”の一環で開業した奄美市初の体験型民泊。
客室は数々の奄美ならではの装飾品で飾られている歴史を感じられる和室になっています。
奄美の昔からの雰囲気を体験したのであればオススメの民泊です。
食事はお客様と一緒に作るしタイルなので色々な人と作業を通じて触れ合いながら楽しむこともできます。
地元の方の話などを聞きなたら奄美のことを知って見ませんか?
住所
鹿児島県奄美市住用町大字西仲間327

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊⑤ルパン爺とすずめの宿


出典:www.lupinsuzume.com
テレビの取材も来るほど有名な民宿のルパン爺とすずめの宿。
歴史を感じる建物と内装はどこか懐かしい気持ちにしてくれます。
客室は2部屋で少し現代の暮らしを感じれる”忍の間”と歴史ある装飾品で昔ながらの魅力を感じられる”侍の間”になります。
宿泊料金にプラス1500円で島料理やお菓子作り体験や特別天然記念物である”アマミノクロウサギ”などを夜間に見にいく自然探索などもできますよ!
泊まるだけでなく奄美をしっかり堪能したい人にはとてもオススメの宿ですよ!

住所
鹿児島県奄美市住用町大字見里33-5

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊⑥マリンテラス


出典:hotel.travel.rakuten.co.jp
奄美空港から車で10分とアクセス良好の立地にあるマテリテラス。
また宿から30秒でビーチにもいける絶景のロケーションなので綺麗な海にいつでも行って心を癒すことができるでしょう。
島の新鮮な食材を使った創作料理は見た目も味も抜群でとても好評です。
宿泊だけでなく新鮮な食材を使った奄美の料理を楽しみたい方はぜひこちらの民泊をお勧めします。

住所
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木628-1

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊⑦民宿たんぽぽやぁ


出典:tanpopoyaa.amamin.jp
奄美大島の南端、瀬戸内町にある民宿たんぽぽやぁ。
古里に帰ってきたようなのんびりした安心感のある宿として多くの方に人気です。
加計呂麻島行きのフェリー乗り場から徒歩7分という立地なので加計呂麻島も行きたいと思っている方にはとてもお勧めです。
日時によって対応できない場合もありますが空港、名瀬からの送迎サービスも行ってくれています。

住所
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津18-6

詳細・宿泊予約はこちら

オススメ民泊⑧民泊結の家


出典:www.town.tatsugo.lg.jp
民泊結の家は奄美大島屈指の美しい海岸・手広海岸へ歩いて2分のところにある好立地の民泊です。
奄美空港と名瀬空港の間にあるのでどちらからでも行きやすい場所にあります。
とてもアットホームな雰囲気でゆったりした時間を満喫できる素泊まり宿は一人でも気軽に泊まれる宿なので一人旅にはもってこいです。
マリンスポーツを楽しむ若者のリピーターが多い民宿です。

住所
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1747-4

詳細・宿泊予約はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
奄美大島にはホテルや旅館以外にも民泊先が意外とたくさんあります。
どういう目的で奄美大島に行くのかや行く人数などによって自分の旅行にあう民泊を選んでもらえれば、より楽しい旅行を実現することができるでしょう。
民泊ならではの良さを感じながらぜひ素敵な奄美大島旅行を楽しんでくださいね!